読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バス釣りについての質問です。 アマゾンで安くて人

バス釣りについての質問です。 アマゾンで安くて人気のベイトロッド、アブガルシアのバスビート、メジャークラフトのバスパラ値段はあまり変わりませんが性能は変わりますでしょうか?

初めてのベイトロッドとしてはアブ、バスパラなどは良いと思います。 ただこのロッドでこのままずっとやっていく!と言うのであればもう少し良いのをお勧めします。シマノならエクスプライドぐらいですかね。実売20000円前後のメーカーものなら長く使えるはずです。あと性能については安いものはそこまで大きくは変わらないと思います。 あくまで個人の意見です。参考になれば幸いです。

中古車購入のキャンセル料金48万円(車両本体価格の8%)請求されておりますが、支払わなければならないのか? ・・・・どなたか教えて下さい。経緯は下記の通りです。 カーセンサーに掲載されていた車について販売店に在庫状況を問い合わせた所、「他にも数人から問合せが来ており早く決めて頂かないと売れるかも知れません。」との回答に購入を決断しました。 申込み金と言うか手付け金と言うか、昨年12月19日に10万円を販売店に振り込みしました。 家族にも車種や年式など説明し、販売店が遠方地なのでメールなどで着々と連絡を取合い、私も車庫証明の手続きを進めておりました。 ※これからは家庭の事情です・・・・ところが12月25日(日曜日)の夕食中、それまであまり関心を示さなかった家内が、買う車の色は何色?

と聞いてきたので黒色と答えました。すると黒色は絶対に嫌だと猛反対し、黒色を買うなら私は乗らない・・・・あげくの果ては離婚話まで発展する始末でキャンセルせざるを得なくなりました。 12月26日(月)は中古車販売店が定休日の為、相手方の担当セールスマンに連絡が付いてキャンセルを伝えたのが、12月27日(火曜日)となりました。 今年1月3日になって、キャンセル料金として車両本体価格600万円×8%=48万円請求すると電話で告げられました。 売買契約書(注文書)は郵送されてきておりましたが、まだ車庫証明手続き中の状態で何ら売買契約書的な書類は取り交わしておりません。 車自体も現状渡しの条件の為、整備費用なども売主側にはまだ一切発生しておりません。 私に車両名義が移転完了後、メーカーの保証継承整備

点検を受けるとの事でした。 カーセンサーの掲載画面にも12月27日のキャンセルを告げた日は、まだその車は掲載されておりました。 私の一方的な事情でキャンセルなのですが、相手側にまだ整備費などの出費は発生しておりません。 手付け金10万円は帰って来ないのは仕方ないかな?と、思っておりました。 そのうえ、キャンセル料金まで支払う義務があるのでしょうか? この様な問題ですが、宜しくお願いいたします。

推測ですが、600万円の車両販売で得られる見込みの利益か、それを当てに支払ってしまった経費等では無いでしょうか。 48万円の内訳を確認し、妥当であれば支払うしかないと思いますが、不明朗な請求(実施されていない手数料、解約に伴う代行費用等)については消費者センター等に間に入ってもらってキャンセル手続きを進めた方がいいと思います。 中販連に加盟の店舗であれば、間に入ってくれるようです。 JU中販連(日本中古自動車販売商工組合連合会)HPより 契約の成立時期 自動車の販売は、現金販売、クレジット販売等の販売形態があり、販売形態ごとになんらかの書面が契約当事者によって作られ、それらの契約の成立時期は各契約書に明示されているのが通常です。 中販連が監修している自動車注文書の記載��

�よれば、売買契約の成立時期については以下の通りです。 ・現金販売の場合、①~③のいずれか早い日 ①自動車の買主への登記手続きがなされた日 ②注文者の依頼による車両の修理、改造、架装等に着手した日 ③車両の引渡がなされた日 ・割賦販売、ローン提携販売、立替払い付販売の場合 これらの契約書に定められている日 契約の成立と申し込みの撤回 売買契約を申し込んだ人が後にこれを取りやめたいと申し出ることを「申し込みの撤回」といい、売買契約がまだ成立していない場合は申し込みを撤回し、契約をしないで済ませることができますが、契約が成立してしまえば原則として「申し込みの撤回」はできません。 手付金・頭金・内金・申込金及び申込証拠金 売買契約に関して買主から売主に少額の金銭が支払われる�

��合があります。それらを大別すると、契約締結に際して支払われるもの(手付金・頭金・内金・申込金)と契約締結行為に先立って、将来の契約締結の順番を確保するために授受されるもの(申込証拠金)とがあります。ただし、中販連監修の注文書では申込金の授受があっても、後に一定の条件がととのってはじめて契約が成立するとしています。 申込証拠金は正式に契約の申込みをしたものではありませんから、その後でも契約をするかどうかを自由に決められますが、手付金・頭金・内金は契約締結行為をしたとみられその時点で契約が成立し、契約当事者は以後これに拘束されることになります。 しかし、手付金が授受された場合には、契約成立後であっても当事者の一方は、相手方が契約の履行に着手するまでは、手付金を放

棄するか、これを倍返しして、契約を解除することができます。(民法557条第1項) 違約金 売買契約などで契約に違反したものは一定額を違約金として相手方に支払うと定めてある例があります。また、違約した場合には手付金を没収するとか、手付金を倍返ししなければならないと定めている場合も少なくありません。これらは「違約金の定め」といって、契約の中で、双方が特にそのことを合意して設けられるものです。この違約金の定めをすると、違約した者は相手方に対して、その違約金を支払わなくてはなりません。 ただし、販売店が通常発生する平均的な損害額を超える額の支払を定めた場合は超える部分は無効となります。(消費者契約法第9条第1号) また、違約金の定めはそのことを双方が合意する必要がある��

�で、単に手付金として金銭の授受があっただけでは、手付金の没収及び手付け倍返しの違約金の定めをしたことにはなりません。